登録企業情報

大阪新薬(株)

企業 PR

芳香族ニトロ化合物の合成を中核技術として
スペシャリティケミカルの可能性に挑戦する

弊社は1940年(昭和15年)12月に、大阪市にて創業、医薬中間体の製造を開始、1968年(昭和43年)9月に現在地(山口県山陽小野田市)に本社工場を移転、染料中間体の芳香族ニトロ化合物、アミノ化合物の製造を開始しました。

2002年(平成14年)1月に、旧東亜紡織(株)(現(株)トーア紡コーポレーション)が資本参加(現在、出資比率100%)して、現在に至っています。

得意分野

独自技術を活用し、高品質な製品を提案・提供します。

得意分野は、水素還元反応による有機中間体合成で、加水分解からニトロ化、還元などの有機合成技術を駆使して、様々な有機中間体を製造しております。

メインの製造品は、機能性ポリマー向けの中間品で、他に、情報電子材料向け、液晶材料向け、半導体周辺向けの機能性素材や医薬中間体などを製造しています。

また、ファインケミカルの受託合成も行っております。

技術の特徴

当社では、医農薬中間体及び染料中間体原料の一つとして、芳香族ニトロ化合物誘導体の合成を中心技術としています。その応用技術の一環として、接触触媒還元による芳香族アミノ化合物誘導体の合成及び、アルカリ溶触反応によるアミノフェノール化合物の製造があります。
最近では新たに、フリーデルクラフト反応、クロルメチル化反応、臭素化反応及びエステル化反応等と、従来培ってきました技術を併用し、新規分野であるファインケミカルズへの挑戦を試みています。

●芳香族化合物のニトロ化反応
●水素ガスによる還元反応 
●フリーデルクラフト反応
●臭素化反応 
●エステル化反応 
●その他

設備の特徴

SUSオートクレーブ1台、GL製反応釜10台、SS反応釜10台等

設備の詳細

受託製造拠点


本社・工場
〒756-0809
山陽小野田市大字東高泊字横土手2367-22
TEL(0836)83-4569
FAX(0836)84-2802

© 2001-2007 化学品ビジネスe-データ