医薬中間体・原体・原薬から電子材料まで
幅広い分野で利用されている検索システム


(株) 浮間化学研究所

企業 PR

浮間化学研究所はファインケミカルのメーカーとして1945年の創業以来、有機化学品の合成に特化し、その独自の技術をベースとして医薬品、顔料、農薬、電子材料、化粧品、特殊色素材料などの分野において、新製品の開発や新たな合成技術の確立に全社一丸となって取組んでおります。
半世紀以上に及ぶファインケミカルの合成技術ノウハウの蓄積を最大の財産として、あらゆる化学反応に対応できる独自の技術力と、フレキシブルな生産設備を持ち、ユーザー様のご要望に対し迅速な対応と高品質な製品をお届けできるように心掛けております。

得意分野

 

医薬中間体、写真薬中間体、顔料中間体、動物薬中間体などの
各種中間体合成。 
また、設備はすべてマルチプラント方式で各種有機合成が可能です。

技術の特徴

  • 高温反応(〜180℃)
  • 低温反応(〜−20℃)
  • 蒸留(常圧、減圧)単蒸留、精密蒸留
  • ハロゲン化(Cl,Br,I)(酸クロライド)(クロロメチル化)
  • シアノ化
  • ジアゾ化
  • フリーデルクラフト反応
  • スルホン化、クロルスルホン化
  • アシル化
  • アミン化、アミド化
  • 縮合反応
  • エステル化
  • 加水分解
  • 脱水分解

設備の特徴

  

工場は全てマルチプラント方式を採用しており、300~5,000Lの容量で合計約30基の反応設備を有しています。

 

  • 300~5000L グラスライニング反応設備
  • 2000~3500L ステンレス反応設備
  • 1000~5000L 高温反応装置(~180℃)
  • 1000~3500L 各種蒸留設備(SUS)
  • 1000~1500L コニカル真空乾燥機(グラス)
  • 2000L SVミキサー(SUS)
  • 各種遠心分離機(SUS、チタン)
  • 試験機器(GC、HPLC、他))

  

設備概要 容量 基数 材質
反応釜 500~5,000L 30 GL、SUS、Ti
高温反応装置
(~ 180℃)
1,000~5,000L 3 GL
遠心分離機 36~48インチ 8 SUS、Ti
乾燥機 1,000~2,000L 5 GL、SUS
精密蒸留設備 2,000~3,500L 2 SUS(10段充鎮塔)
単蒸留設備 1,000~3,000L 5 GL、SUS

受託製造拠点

本社・小名浜工場
  福島県いわき市泉町下川字大剣1-134
   TEL:0246-56-2786
   FAX:0246-56-2790