登録企業情報

(株)伏見製薬所

得意分野

アジ化ナトリウム、二硫化炭素をベースとした合成反応を得意としており、各種アジ化物、ヘテロ環化合物等、含窒素、含硫黄化合物の合成に対応します。
塩素、過酸化水素の専用設備を持ち、塩素化、スルホン化、エポキシ化等の各種合成に対応しています。
数10基のGL反応器をはじめ、多数の装置を備えたマルチプラントを活用して、多様なニーズに対応できます。
医薬、電子材料の中間体、酸クロライド、テトラゾール類、ジアゾール類、アゾール類、有機硫黄化合物の受託合成実績があります。

技術の特徴

次のような合成に応じることが出来る体制を確立しています。
アジ化ナトリウム及びアジ化物を使用した反応
二硫化炭素を使用した反応
硫化水素及び硫化水素ナトリウムを使用した反応
塩素を使用した反応
過酸化水素を使用した反応

合成品例

1)アジド化合物例
構造式
化合物情報
工業化レベル
名称
ジフェニルホスホリルアジド
略称 DPPA
M.W 275.19
CAS.No 26386-88-9
使用用途
医薬中間体、電子材料など
C
名称 4-アセトアミドベンゼンスルフォニルアジド
略称 ABSA
M.W 204.24
CAS.No 2158-14-7
使用用途 医薬中間体、電子材料など
P
名称 トリメチルシリルアジド
略称 TMSA
M.W 115.21
CAS.No 4648-54-8
使用用途 電子材料など
L
2)有臭化合物例
構造式
化合物情報
工業化レベル
名称
2-メルカプトベンズオキサゾール類
使用用途
医薬中間体、農薬中間体など
P
名称
チオサリチル酸
M.W 154.19
CAS.No 147-93-3
使用用途
医薬中間体、農薬中間体など
P
名称
ジメトキシチオフェノール
略称 170.23
M.W 115.21
CAS.No 19689-66-8
使用用途 電子材料など
P
名称
チオプロピオンアミド
略称 TPA
M.W 89.16
P
名称
1,3-Dithiane 2-Carboxylic Acid
略称 DTA
M.W 164.25
CAS.No 20461-89-6
P
名称
m-フルオロイソチオシアネート
略称 MFIT
M.W 153
P

研究開発体制

市場調査、製品開発にも注力し、合成研究から一貫したプロジェクトによる共同研究も行います。

開発製品

ラビトル 高機能ハロゲンフリー難燃剤のラビトルシリーズは、高リン含有量、 高耐熱性、高耐加水分解性が特長で、樹脂類の特殊難燃剤としてご使用いただけます。
シアリルグリコペプチド(SGP) 卵黄から高品質SGPの生産に成功。バイオ医薬の糖鎖原料、研究用試薬等さまざまな分野に活用できます。

設備の特徴

グラムスケールからトンスケールまでの様々な反応に対応します。
弊社は、50L〜10,000Lと幅広い容量の反応釜を所有しており、多くの反応釜にフルゾーン®撹拌翼
*を採用していることから、効率的にスケールアップを行うことができます。

 OSP [マルチプラント]
開発初期段階のスケールアップに対応します。50Lおよび100L釜は一圧対応です。LAHを用いた還元反応も経験があります。
 OS-2 [マルチプラント]
数十キロ〜数百キロの製造に適したプラントです。また、有臭反応に対応し、除外設備が充実しています。DMSO酸化やZn還元反応も対応可能です。
 OS-3 [GMP対応マルチプラント]
トンスケールの製造を目的としたプラントです。晶析〜分離〜乾燥〜充填(クリーンルーム)まで一貫ラインとし、GMPにも対応可能です。

品質管理体制

当社の分析開発部門は

 
LCMS、GCMS、FT-NMR 、ICP等の各種分析機器を駆使し、高度な分析・解析を行います。
新しい分析技術の確立を通じて、研究開発をサポートしています。

キーワード登録

アジド化 テトラゾール 塩素化 パイロット

© 2001-2007 化学品ビジネスe-データ