登録企業情報

日本精化(株)

企業 PR

当社は、国内樟脳事業の統一を目的に大正7年(1918年)設立された日本樟脳株式会社を発祥としていますが、その後、脂肪酸その他油脂関連製品の製造を開始し、独自の化学分野を切り開くことによって業容を拡大してきました。
昭和46年(1971年)には社名を日本精化株式会社と改め、総合的なファインケミカルメーカーとして新たなスタートを切り、現在の事業領域は香粧品分野、工業用化学品分野、医薬品をはじめとする精密化学品分野の三本柱より成り立っております。

得意分野

精密化学品事業部

酸クロライド、βーケトエステル、酸無水物などの脂肪酸誘導体から始まり、合成技術と評価技術をもとに医薬、写真薬、農薬、その他の多彩な産業分野に原料や中間体を供給しています。

技術の特徴

医薬、農薬、写真薬を中心としたファインケミカル製品の開発、販売を行っています。平成12年からリポソーム製剤の前駆体プレソームをc-GMPのもとFDA,EUの認可を受け生産を開始しています。
このc-GMP対応力をもとに医薬原薬、中間体のCustom-Manufacturingに注力しています。

合成技術
βケトエステル誘導体
塩素化反応
臭素化反応 、アシル化 、アルキル化 、一般反応
環化反応
wittig反応
Grignard反応
酵素反応

研究開発体制

  • 精密化学品の研究は各種テーマに対しチーム編成を組み、調査から試作まで一貫した取り組みを行っています。
  • GLP対応のため品質保証部、品質管理部がバックアップします。
  • 継続的なGMP教育を研究員に対しても行っています。
  • FDA、EU査察経験者がラボスケールからGMPを実地指導します。
  • ラボスケールから製造スケールまでを一貫して実行し、製造部門への技術移管まで責任を持って行っています。
  • 技術移管の文書化は研究員が行います。

開発製品

商品紹介
 
高純度リン脂質 シリーズ
カンフル 、 ディート
酸クロライド 、 脂肪酸クロライド
βケトエステル
βケトエステル誘導体
アルキルクロライド 、 アルキルブロマイド
α-Br脂肪酸 及び 誘導体
3,6置換ピリジン誘導体

設備の特徴

多機能ファインケミカル製品生産設備を有するとともに、治験薬段階からの各種検討要請に応えるため超低温反応、水添、光学分割、不斉還元、環化、酵素反応、配糖体化等の当社が得意とする反応を活かせるマルチパーパスプラント臨床治験薬製造プラントを整備しています。

品質管理体制

新しいページ 5

●ISO 9001品質マネジメントシステム
  • 当社は、全社の品質保証体制を整備・強化して、お客様に満足いただける優れた製品を提供することに絶えず努力しています。
  • 世界共通の品質マネジメントシステムである、ISO 9001:2000の登録を、高砂工場(脂肪酸モノアミドの製造)、加古川東工場(コレステロールの製造)及び関連する購買・営業部門で実施しており、そのシステムの水平展開を図っています。
GMPによる品質保証システム/医薬品・医薬中間体分野
  • 医薬品ならびに医薬中間体の分野では、世界共通の医薬品に関する高度な品質保証システムであるGMPを実践しています。
  • 特に、DDS(ドラッグデリバリーシステム)用医薬品として脚光を浴びているリポソーム医薬品の事業では、FDA(米国食品医薬品庁)およびEMEA(欧州医薬品審査庁)のGMP査察を受け、合格しています。
  • ICH Q7A(日・米・欧の三極で合意した、世界共通の原薬GMPガイドライン)またはこれに準じたGMP管理システムを構築し、運用しています。

環境対策

当社は、世界共通の環境マネジメントシステムである、ISO 14001の登録を、高砂工場および加古川東工場で実施し、事業活動の環境に与える影響を評価しながら、継続的な改善活動を展開しております。
ISO 14001の登録状況  
事業所 登録日 登録番号
高砂工場 2001年5月 JCQA-E-0142
加古川東工場 2000年5月 JCQA-E-0142
 

受託製造拠点

高砂工場
〒676-0074
兵庫県高砂市梅井5丁目1番1号
TEL:079(447)3642 FAX:079(448)4515
加古川東工場
〒675-0011
兵庫県加古川市野口町北野(加古川工業団地)
TEL:079(423)1771 FAX:079(423)1037

資本金

59億3322万円(平成27年6月現在)

従業員数

262名(平成27年6月現在)

年間売上

25,865百万円(平成27年3月現在、連結決算)

主要製品情報

装置・設備情報

その他

登録ディレクトリ

少量製造 / 配合・小分・充填 / 重金属化合物による酸化 / 常圧蒸留 / 高温反応(200 C〜) / ラジカル重合 / 乾燥(常圧、減圧) / 水素化 / ニトロ化反応 / ウルマン反応 / 酵素反応による / 無機化合物 / ペプチド合成 / 粉砕(1mm以上) / ペプチド合成 / 化学試薬・医薬中間体の合成 / 粗精製分取 / 有機元素分析 / 光学顕微鏡 / 核磁気共鳴分析(NMR) / 示差走査熱量分析(DSC) / 液体クロマトグラフ(LC) / 色差 / 医薬品標準品の合成 / 金属ナトリウム、金属カリウム / 溝呂木・ヘック反応 / 熊田・玉尾・コリューカップリング / 過酸化物による酸化 / 減圧蒸留 / 金属水素化物による還元 / 低温反応(低温合成) (-20 C〜) / アニオン重合 / 乳化 / 臭素を用いるハロゲン化 / アシル化 / 有機リチウム化合物 / 有機硫黄化合物の合成 / 不斉合成反応による / クロマトグラフィー / 微粉砕(1000ミクロン〜10ミクロン) / 糖合成 / 精製・分取 / 示差熱分析(DTA) / ガスクロマトグラフ(GC) / カールフィッシャー水分分析 / 比重 / 医薬品代謝物標準品の合成 / ニトロ化合物の還元反応 / 凍結乾燥 / 根岸クロスカップリング / 精留 / 接触還元 / カチオン重合 / カラム精製 / 高圧加水分解 / ジアゾ化反応 / グリニヤール(グリニア反応) / 光学分割による / 溶剤回収 / 硫化水素 / 分散 / かさ比重 / 医薬品対照薬の合成 / ヘッドスペースガスクロマトグラフ(HS/GC) / 有機珪素化合物の合成 / アセタール化反応 / 右田・小杉・スティル クロスカップリング / 低沸点溶剤を使った反応 / 水添反応 / リビング重合 / ヨウ素化剤を用いるハロゲン化 / 酸クロライドの合成 / アセチレン反応 / アルコールのリサイクル / 薄膜蒸留 / 可視紫外分光分析(UV-VIS) / 医薬品安定同位体元素標準化合物の合成 / 熱重量分析(TG) / 調液 / ジアゾカップリング反応 / ジアゾカップリング / 薗頭・萩原クロスカップリング / 縮合重合 / ハロゲン化合物による酸化 / 高圧水添による還元 / 水蒸気蒸留 / 水素化ナトリウム / 活性汚泥処理 / 鈴木・宮浦クロスカップリング / 細胞毒性物質の製造 / サンドマイヤー反応 / フリーエ変換赤外線分光分析(FT-IR) / 粘度 / 農薬代謝物の有機合成 / 各種ハロゲン化剤を用いるハロゲン化 / メルカプタン類 / アミジン化反応 / 脱水素反応 / 中低圧水添による還元 / 乳化重合 / 分子蒸留 / フレーク / アミノ化反応 / スルホン化反応 / 有機ナトリウム / 有機燐化合物の合成 / 医薬品・医薬部外品・化粧品の製造 / 公害防止 / 粒度分布 / チオニルクロライド、スルフリルクロライド等によるハロゲン化 / バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング / 懸濁重合 / 抽出分離 / 打錠 / その他の有機金属 / ガス吸収 / NCS,NBS,NCI等によるハロゲン化 / クロロスルホン化反応 / アリル化反応 / ペプチド合成 / 溶液重合 / 晶析 / アルキル化(メチル化、エチル化)反応 / 旋光度 / スルホンアミド化反応 / キラル化合物の合成 / 有臭反応(悪臭物質を使った反応) / 光学分割 / アルドール反応 / 屈折率 / ニトロソ化 / 毒性物質を使った反応 / 解重合 / カップリング反応 / ウィティッヒ反応 / ウォルフキシュナー還元(反応) / 吸着・イオン交換 / 薄層クロマトグラフ(TLC) / 融点 / Na,Liによる還元 / エーテル縮合反応 / 凝固点 / 再結晶 / エステル化 / オッペンナウアー酸化 / 電位差滴定 / エポキシ化反応 / 濾過分離 / バイヤー・ビリガー酸化 / 微生物酵素による水酸化反応 / 低金属化 / オキシム化反応 / カルボニル化 / カニッツアロ反応 / クネーフェナーゲル縮合 / シリル化反応 / ディールス・アルダー反応 / パーキン反応 / ヒドロキシメチル化 / ヒドロキシ化 / ビルスマイヤー反応 / フリース転位反応 / フリーデルクラフト反応(フリーデル・クラフツ反応) / ヘッシュ反応 / ホフマン反応 / ホルミル化 / マイケル付加反応 / マンニッヒ反応 / メチロール化 / ラセミ化 / 環化反応 / 開環反応 / 脱アルキル化反応 / 脱ハロゲン化反応 / 脱水反応 / 転位反応 / 酸アミド / 脱水素 / 脱炭酸 / 塩化ベンジルによるアミンの四級化 / 微生物発酵及び酵素による製造 /

© 2001-2007 化学品ビジネスe-データ