登録企業情報

住友精化(株)

企業 PR

精密化学品では、得意とする有機硫黄化合物の合成技術を利用して、医薬中間体、各種IT産業向け製品などを取り扱っています。生産設備も、パイロットスケールから大量生産までフレシキブルに対応できる各種汎用設備を保有し、確立された品質管理体制でユーザーのニーズにお応えします。

得意分野

次世代の新薬開発をサポートする医薬中間体

住友精化が提供する医薬中間体は、世界中の医薬品メーカーから高い信頼を得ています。ソフト面では、SR技術を核に独自性、優位性ある技術を深耕し、国際競争力のある技術開発力を誇っています。ハード面では、パイロットスケールから大量生産までフレキシブルに対応できる各種汎用設備を保有し、顧客のニーズに応える体制を整えています。品質管理においても医薬品製造における米国FDA(食品医薬品局)のcGMP準拠など、高品質な製品を送り出すための管理体制を確立しています。

●有機硫黄化合物合成技術
●有機ハロゲン化合物合成技術
●複素環化合物合成技術
●その他の合成技術
●分析評価技術

IT(情報技術)時代の一翼を担う先端機能材

住友精化は、情報技術周辺に求められる先端機能材にも着目してきました。目まぐるしい技術進歩に追随できるスピーディーな研究開発力と、最先端分野の厳しい品質要求に応えられる高度な生産技術力を誇っています。記録表示材料、感光性材料添加剤など、住友精化が得意とする硫黄およびハロゲン特有の機能を最大限に活かした製品を提供しています。
 

技術の特徴

世界に先駆けて開発したSR技術 ()

 当社が世界に先駆けて開発したSR技術は、アルキルメルカプタンをベースとする一連の新規硫黄化合物の合成法です。その優れた反応性と汎用性により、さまざまな化合物を造ることができる住友精化が誇る画期的なプロセスです。

研究開発体制

長年培ってきた硫黄化合物・ハロゲン化合物の合成技術をもとに、無機および有機のファインケミカルズの新たな合成法や優れた機能を有する新規化合物を追究しています。合成ルートの検討には最新のコンピュータ・ケミストリーを活用し、化合物の構造解析や機能評価には高度な分析評価技術を活用しています。主に、医農薬等の中間体や、先端機能材の研究を進めています。

開発製品

各種工業薬品もラインナップ
チオフェノールを始めユニークな硫黄化合物をラインナップに加えていることも住友精化の特徴です。「住友精化の硫黄化合物」はユーザーから高い信頼をいただき、供給ソースとしての確固たる地位を築いています。また、2−クロロピリジン、塩化チオニール、塩化スルフリルなどのハロゲン化合物においても高い評価を得ています。

設備の特徴

精密化学品大型汎用プラント(MXプラント)

MXプラントは、SR技術をもっとも有効に応用できるように設計された当社の誇る最新鋭設備です。20m3のGL反応釜を有し、大量生産にも適しています。

 

MXプラント
MXプラント
 

IT(情報技術)革命時代を先取りする

IT(情報技術)時代の到来により産業構造は大きく変化しようとしています。最新の技術をいち早く取り入れ、さらにユーザーのニーズに対しスピィーディに取り組み、解決していかなければなりません。新規製品・新規事業の開発にも、先見性とスピードが要求されます。精密化学品では市場に密着した新規テーマの開発に研究と営業が一体となって取り組んでいます。また、製造現場では、プラント群を集中制御するシステムを導入し、安全で効率的に多種多様な製品を供給しています。
 
グローバルな競争力

時代のニーズに応え、独創的で確かな技術力を背景に、ファインケミカルを創造する住友精化。SR技術を駆使した製品群が海外の医薬品メーカーに供給され、高い評価を受けています。ひとつの技術の完成には、社内の各部門の協力体制と、世界を視野に入れた不断の研究が必要です。製造・研究・営業の各部門では、ベクトルをあわせ、SR技術をあらゆる硫黄化合物の合成技術として確立し、さらに進化させるために取り組んでいます。

受託製造拠点

■別府工場
当社発祥の工場で、現在は精密化学品部門の主力工場となっています。精密化学品、ガス製品を製造しています。
別府工場
所在地 ●兵庫県加古郡播磨町宮西346番地の1
敷地面積 ●250,000m2
従業員数 ●約290名
生産品目 ●精密化学品、基礎化学品、ガス製品
連絡先 ●TEL. 079-437-2101 / FAX. 079-435-2244
 

 

登録ディレクトリ

少量製造 / 重金属化合物による酸化 / 常圧蒸留 / 高温反応(200 C〜) / 乾燥(常圧、減圧) / 水素化 / 塩素ガスを用いるハロゲン化 / ウルマン反応 / 溶液・廃棄物処理 / 化学試薬・医薬中間体の合成 / 粗精製分取 / 光学顕微鏡 / 核磁気共鳴分析(NMR) / 示差走査熱量分析(DSC) / 液体クロマトグラフ(LC) / 全有機炭素分析(TOC) / 色差 / 青酸、青酸ソーダ、青酸カリウム / 溝呂木・ヘック反応 / 熊田・玉尾・コリューカップリング / 過酸化物による酸化 / 減圧蒸留 / 金属水素化物による還元 / 低温反応(低温合成) (-20 C〜) / 光化学反応 / 臭素を用いるハロゲン化 / アシル化 / 有機リチウム化合物 / 有機硫黄化合物の合成 / 不斉合成反応による / クロマトグラフィー / 精製・分取 / プラズマ発光分析(ICP-AES) / 走査電子顕微鏡(SEM) / 示差熱分析(DTA) / ガスクロマトグラフ(GC) / カールフィッシャー水分分析 / 比重 / ニトロ化合物の還元反応 / 根岸クロスカップリング / 精留 / 接触還元 / 高圧反応 / カラム精製 / グリニヤール(グリニア反応) / 光学分割による / 溶剤回収 / 硫化水素 / プラズマ質量分析(ICP-MS) / 走査電子顕微鏡(SEM) / かさ比重 / ヘッドスペースガスクロマトグラフ(HS/GC) / アセタール化反応 / 低沸点溶剤を使った反応 / 水添反応 / 空気、酸素を用いる接触酸化 / 酸クロライドの合成 / 分級 / 二硫化炭素 / アルコールのリサイクル / 薄膜蒸留 / 可視紫外分光分析(UV-VIS) / 液体クロマトグラフ-質量分析(LC-MS) / 乾燥容量 / 熱重量分析(TG) / その他 / 薗頭・萩原クロスカップリング / ハロゲン化合物による酸化 / 水蒸気蒸留 / フッ素化合物の合成 / 水素化ナトリウム / 鈴木・宮浦クロスカップリング / 蛍光X線分析(XRF) / フリーエ変換赤外線分光分析(FT-IR) / ガスクロマトグラフ-質量分析(GC-MS) / 粘度 / 各種ハロゲン化剤を用いるハロゲン化 / メルカプタン類 / アミジン化反応 / 中低圧水添による還元 / アミノ化反応 / スルホン化反応 / 医薬品・医薬部外品・化粧品の製造 / 公害防止 / 粒度分布 / キャピラリー電気泳動(CE) / チオニルクロライド、スルフリルクロライド等によるハロゲン化 / Swern酸化 / 抽出分離 / ガス吸収 / NCS,NBS,NCI等によるハロゲン化 / クロロスルホン化反応 / 晶析 / アルキル化(メチル化、エチル化)反応 / イオンクロマトグラフ分析(IC) / 旋光度 / スルホンアミド化反応 / キラル化合物の合成 / 硝酸による酸化 / 有臭反応(悪臭物質を使った反応) / 光学分割 / アルドール反応 / 屈折率 / ゲル浸透クロマトグラフ(GPC)有機溶剤系 / 毒性物質を使った反応 / カップリング反応 / ウィティッヒ反応 / ウォルフキシュナー還元(反応) / 吸着・イオン交換 / 薄層クロマトグラフ(TLC) / 融点 / エーテル縮合反応 / 凝固点 / 再結晶 / エステル化 / 電位差滴定 / エポキシ化反応 / 濾過分離 / バイヤー・ビリガー酸化 / オキシム化反応 / カルボニル化 / その他 / カニッツアロ反応 / クネーフェナーゲル縮合 / ディールス・アルダー反応 / ニトリル化(シアノ化) / ヒドロキシ化 / ビルスマイヤー反応 / フリース転位反応 / フリーデルクラフト反応(フリーデル・クラフツ反応) / ホフマン反応 / ホルミル化 / マイケル付加反応 / マンニッヒ反応 / ロイカート反応 / 環化反応 / 開環反応 / 脱アルキル化反応 / 脱ハロゲン化反応 / 脱水反応 / 転位反応 / 酸アミド / 脱炭酸 /

© 2001-2007 化学品ビジネスe-データ